Monthly Archives: 1月 2014

寒天による脱窒

棒寒天で脱窒するらしいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/kubu10kuwa/26928593.html

 

その他コラーゲン、フィブリン、アルブミン、カゼイン、セルロースファイバー、セルローストリアセタート、寒天、アルギン酸カルシウム、カラギーナン、アガロース等の天然高分子、ポリアクリルアミド、ポリ-2-ヒドロキシエチルメタクリル酸、ポリビニルクロリド、γ-メチルポリグルタミン酸、ポリスチレン、ポリビニルピロリドン、ポリジメチルアクリルアミド、ポリウレタン、光硬化性樹脂(ポリビニルアルコール誘導体、ポリエチレングリコール誘導体、ポリプロピレングリコール誘導体、ポリブタジエン誘導体等)等の合成高分子でも可能らしい。

http://www.ekouhou.net/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E4%BE%9B%E4%B8%8E%E4%BD%93%E4%BE%9B%E7%B5%A6%E8%A3%85%E7%BD%AE%E5%8F%8A%E3%81%B3%E8%84%B1%E7%AA%92%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC/disp-A,2012-143706.html

 

ナチュラルロックシュガーでも脱窒できるようです

http://www.mars.dti.ne.jp/~gec/denit2.html

 

 

オトシンと稚エビの混泳について

ビーシュリンプの抱卵率が下がるらしいです

http://pets.yahoo.co.jp/hiroba/question/detail/1377220028/

 

可能性は低いが食べる事も有り得るらしいです。

http://simasimatora.web.fc2.com/newpage8.html

 

ビーシュリンプは基本単独飼育が望ましいとのことです。

http://www2.ocn.ne.jp/~guupi/bb1.htm

 

 

活性底面BOXによる脱窒濾過

海水館さんからお手軽脱窒濾過商品が発売されていました。

今までの脱窒濾過関連商品に比べかなりお手軽ですが、

使い方間違えると生体が死んでしまうらしいので要注意ですね。

http://kaisuikan.shop26.makeshop.jp/shopbrand/005/O/

 

還元素材さえあれば自作も出来るみたいです。

http://homepage3.nifty.com/kaisuikan/kaisuikan/kasseiteimennbox-2.htm

 

お気軽に水替えなしの水槽作ることもそのうち可能になるんですかね。

嫌気性バクテリアによる脱窒濾過について

最近は嫌気性バクテリアによる脱窒濾過についても様々な商品で成功例が出てきているようです。

ただそれなりの設備や投資が必要になるようです。

http://members.jcom.home.ne.jp/suisui52/new.html

 

ペットボトルを使って比較的低コストで成功した実例もありましたが、

これも結構な手間を惜しまず作りこまないと駄目みたいです。

http://anzensuisou.com/anzensuisou/03/sea031003.html

 

これが一番お手軽タイプの自作脱窒濾過システムのようです。

http://kamuy-japan.com/kaisuigyosuisoutatiage/1553/